検索エンジンに長年好かれるHTMLを書く

アフィリエイト戦略論 - アフィリエイトの秘密を明かします
アフィリエイト支援ツール
[ホーム] > [ウェブユーザビリティ] > [検索エンジンに長年好かれるHTMLを書く]

検索エンジンに長年好かれるHTMLを書く

ブログやホームページを記述するためのHTML。現在、HTMLとXHTMLで記述する方法がありますが、どちらを使うのがよいのでしょうか?

現在は、どちらの規格もほとんどのブラウザで問題なく表示されますし、検索エンジンにも正しくインデックスされますので、どちらを使っても問題はありません。

しかし、HTMLに比べてXHTMLは文法が厳格なために、検索エンジンにとっては、XHTMLのページのほうが読み取りやすいと考えられます。

また、HTMLは旧規格ですので、できれば新しいXHTMLを意識して使いたいものです。そうすることで、今後進化しつづけるブラウザや検索エンジンにも長年好かれることにもなります。

そこで今回は、HTMLユーザでも今後は積極的にXHTMLを使えるようにポイントをまとめましたので紹介します。元ネタは、W3CXHTML 1.0: The Extensible HyperText Markup Languageからです。

人気ブログランキング
文書は厳密に

タグは必ず入れ子構造にする必要があります。以下の例文は、pタグのなかにemタグを入れ子にしています。正しい文はpタグとemタグが完全に入れ子構造になっていますが、誤った文は入れ子にはなっていません。

この構造は、従来のHTMLでも認められていませんでしたが、ブラウザが寛容なためにページは正しく表示されていました。

(正)<p>here is an emphasized <em>paragraph</em>.</p>
(誤)<p>here is an emphasized <em>paragraph.</p></em>
要素名、属性名は、必ず小文字で

従来のHTMLでは、大文字・小文字の違いは問題になりませんでした。しかし、XHTMLではすべて小文字で記述する必要があります。

(正)<p>here is an emphasized <em>paragraph</em>.</p>
(誤)<P>here is an emphasized <EM>paragraph</EM>.</P>
終了タグは必須

従来のHTMLでは、終了タグを省略できる要素がありました。しかし、XHTMLでは、すべての要素に終了タグを記述する必要があります。

(正)<p>here is a paragraph.</p><p>here is another paragraph.</p>
(誤)<p>here is a paragraph.<p>here is another paragraph.
属性値は必ず引用符で囲む

従来のHTMLでは、属性値が数値以外のときだけ引用符で囲む必要がありました。しかし、XHTMLでは属性値をすべて引用符で囲む必要があります。

(正)<table rows="3">
(誤)<table rows=3>
属性値の省略はできない

compact、checkedといった一部の属性値は省略可能でした。しかし、XHTMLでは省略不可になりました。

(正)<dl compact="compact">
(誤)<dl compact>
空要素にも終了タグが必要

空要素(br、hr)にも終了タグが必要になりました。 <hr></hr>もしくは、<br />とする必要があります。ただし、前者はブラウザの挙動が不安定なため、後者の使用を推奨します。

(正)<br /><hr />
(誤)<br><hr>
属性値の空白の扱い

属性値の先頭、末尾の空白は無視し、途中の2個以上の空白は属性値の区切りとして扱います。ただし、属性値内の2つ以上の空白、改行は、ブラウザの挙動が不安定なために推奨しません。

スタイルシートやスクリプトの注意事項

スタイルシートやスクリプト内で<、&、]]、>、--が使えなくなりました。厳密には、<!-- -->を用いてコメントアウトすることもできません。回避方法としては、外部ファイルを用いることが有効です。

要素の禁止事項

a要素のなかに他のa要素を入れ子にすることを禁止しています。要素のなかで入れ子にしてはいけない要素は以下のとおりです。

a要素
a要素を入れ子にできない
pre要素
img、object、big、small、sub、sup要素を入れ子にできない
button要素
input、select、textarea、label、button、form、fieldset、iframe、isindex要素を入れ子にできない
label要素
label要素を入れ子にできない
form要素
form要素を入れ子にできない
id属性とname属性の注意事項

a、form、imgなどの要素で定義されているname属性は、id属性を使用するようにしてください。XHTML 1.0では、name属性は廃止予定であり、XHTML1.1では一部を除いて廃止されています。

廃止済み、非推奨の要素、属性は使わない

XHTML1.1では、applet、basefont、center、dir、font、frame、frameset、i、iframe、isindex、menu、noframes、s、strike、uといった要素が廃止されています。

align、border、bgcolor、width、height、vlink、link、alink、background、size、text、nowrap、face、colorといった属性も廃止、非推奨です。

ページの見た目に関する要素や属性が多いですが、これらはCSSで指定するようにしましょう。

XHTML1.0 Transitionalがオススメ

XHTMLの規格に厳密にしたがうと、実はアフィリエイトで重大な問題があります。上にも書きましたが、XHTML1.1ではiframe要素が廃止されていますので使用できません。

バリューコマースなどの一部のASPでは、広告をiframe要素で提供していますので、XHTMLの規格にしたがえば、これらの広告をページに掲載できないことになります。

これでは本末転倒です。しかし、iframe要素が使える最新のXHTMLとして、「XHTML1.0 Transitional」がありますので、この規格にしたがうのがオススメです。

ちなみに、MovableTypeも「XHTML1.0 Transitional」にしたがってページが記述されています。

正しい記述かチェックする

ページを作成しましたら、文法をチェックしましょう。以下のツールでHTMLとCSSの文法をチェックできます。

■HTMLの文法チェック
The W3C Markup Validation Service"

■CSSの文法チェック
W3C CSS 検証サービス

正しいHTMLこそ最大のSEO

正しいHTMLでページを作ることで、検索エンジンが読み取りやすくなり、さまざまブラウザで同じように表示させることができます。またページの作成者は、メンテナンスがラクになるというメリットもあります。

検索エンジンとブラウザ、ページの閲覧者と長く付き合っていくためには、正しいHTMLを記述することが重要であり、それこそが最大のSEOとも考えます。

P.S.
ランキングが停滞中。ベスト10入りは思った以上に厳しいです。でもOUT数は増えていますので、多くの方にみてもらえているってことですね。ありがとうございます。

2005年08月20日 21:48
トラックバック
このエントリのトラックバックURL:
http://0kara.org/mt/mt-tb.cgi/731
「XHTML」は、検索エンジン最適化に有利?
=== XHTMLというものをご存知ですか? === {{{ XHTML 「デザイン」と「文章」を分けて記述できる言語 }}} 元...
人気ブログへの道! 2005年11月05日 20:05
いつも応援ありがとうございます
人気blogランキング ランキュー
検索
スポンサードリンク
DNOを使った商品紹介
ゼロから始めるブログアフィリエイト成功法!
価格:¥15,800
発送時期:3-4日
在庫:あり
実際にブログで儲けたノウハウが詰まっています。全くの素人が、ブログを使って、たったの30日で成果を出した、超簡単ブログ成功法。■ブログにいったい何を書けばいいのか?■どうやってあなたのブログにアクセス ...
ブログホームページ成功マニュアル
価格:¥68,000
在庫:あり
こんにちは!ホームページリニューアルセンターの飯野です。今回は、アフィリエイターはもちろん、起業家にも必須になってきた、【MovableTypeでブログホームページ自作ノウハウ】のご紹介です。これまで、外注するか上 ...
勝ち組社長のためのブログ集客・応用編
価格:¥8,800
発送時期:1-2日
在庫:あり
Amazyを使った商品紹介
もっと「稼げる」ホームページ最強宣伝術―プロが教えるサイト集客の実践テクニック66
アスキー
深谷 良孝(著)細木 康裕(著)
発売日:2005-05
おすすめ度:4.75
ホームページ集客を利益に変える成功方程式 プロが教えるサイト運営の実践テクニック74
アスキー
細木 康裕(著)里吉 克仁(著)
発売日:2004-07-18
おすすめ度:4.22
SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96
Amazy Rank
カテゴリ一覧
過去の記事
アクセスランキング
アクセス解析アクセス解析イメージ
RSS1.0
投稿歓迎 リンク自由
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!