「50人に1人にキャッシュバック」の真意

アフィリエイト戦略論 - アフィリエイトの秘密を明かします
アフィリエイト支援ツール
[ホーム] > [アフィリエイトテクニック] > [「50人に1人にキャッシュバック」の真意]

「50人に1人にキャッシュバック」の真意

「50人に1人にキャッシュバックキャンペーン実施中」といったキャッチコピーをよくみかけます。とてもよいキャンペーンだと感じたことはありませんか?

宝くじや懸賞に応募するよりも、はるかに高確率で当たるキャンペーンですからね。しかし、実際はどのくらいおトクなキャンペーンなのでしょうか?今回はその真意を記事にします。

人気ブログランキング
実は2%の割引だった

たとえば、ある1万円の商品に対して「50人に1人にキャッシュバック」のキャンペーンを実施していたとします。いま100個売れたとすれば、2人にキャッシュバックされますので、販売者の利益は98万円です。

 1万円×100個-1万円×2個=98万円

98万円という数字は見方を変えると、商品を2%割引(9,800円)で100個売ったのと等価です。

 9,800円×100個=98万円

つまり、以下の広告で同じ数量が売れたとき、販売者は同じ利益を得ることになります。

  • この商品は2%割引でお買い求めいただけます。
  • この商品のお買い上げで、50人に1人にキャッシュバックします。
「50人に1人に・・・」の方がよさそう

販売者はどちらの広告でも同じ利益率です。では立場を変えて消費者からみるとどうなのでしょうか?

2%割引の広告をみて、その商品に割安感があるかといえば、「ノー」と答えられる方が多いでしょう。先ほどの例では、1万円の商品が200円の割引で売られていてもあまりおトクではありませんね。「2%割引」では、消費者への訴求力が弱いです。

一方「50人に1人にキャッシュバック」といわれれば、どうでしょうか?2%割引に比べると、なんとなくこちらがおトクと感じませんか?

さらに「3%割引」と「50人に1人にキャッシュバック」でも、なんとなく後者がおトクと感じるのではないでしょうか?もうおわかりですが、実際は「3%割引」のほうがおトクなのです。

数字のみせ方で印象が大きく変わります

「50人に1人にキャッシュバック」による、消費者への訴求力がいかに強力かをおわかりいただけましたか?

表現が異なるだけで消費者の印象は大きく変わります。特に数字による表現は説得力がありますので、訴求力のある表現に言い換えられないかを検討してみましょう。

数字に関する有効的な表現は、他にもありますので今後記事にする予定です。

2005年08月08日 00:06
トラックバック
このエントリのトラックバックURL:
http://0kara.org/mt/mt-tb.cgi/695
いつも応援ありがとうございます
人気blogランキング ランキュー
検索
スポンサードリンク
DNOを使った商品紹介
ゼロから始めるブログアフィリエイト成功法!
価格:¥15,800
発送時期:3-4日
在庫:あり
実際にブログで儲けたノウハウが詰まっています。全くの素人が、ブログを使って、たったの30日で成果を出した、超簡単ブログ成功法。■ブログにいったい何を書けばいいのか?■どうやってあなたのブログにアクセス ...
ブログホームページ成功マニュアル
価格:¥68,000
在庫:あり
こんにちは!ホームページリニューアルセンターの飯野です。今回は、アフィリエイターはもちろん、起業家にも必須になってきた、【MovableTypeでブログホームページ自作ノウハウ】のご紹介です。これまで、外注するか上 ...
勝ち組社長のためのブログ集客・応用編
価格:¥8,800
発送時期:1-2日
在庫:あり
Amazyを使った商品紹介
もっと「稼げる」ホームページ最強宣伝術―プロが教えるサイト集客の実践テクニック66
アスキー
深谷 良孝(著)細木 康裕(著)
発売日:2005-05
おすすめ度:4.75
ホームページ集客を利益に変える成功方程式 プロが教えるサイト運営の実践テクニック74
アスキー
細木 康裕(著)里吉 克仁(著)
発売日:2004-07-18
おすすめ度:4.22
SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96
Amazy Rank
カテゴリ一覧
過去の記事
アクセスランキング
アクセス解析アクセス解析イメージ
RSS1.0
投稿歓迎 リンク自由
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!