クリック単価の高いキーワードのみつけ方(前編)

アフィリエイト戦略論 - アフィリエイトの秘密を明かします
アフィリエイト支援ツール
[ホーム] > [アフィリエイトテクニック] > [クリック単価の高いキーワードのみつけ方(前編)]

クリック単価の高いキーワードのみつけ方(前編)

Googleアドセンスで表示される広告のクリック単価は、広告主の入札価格によって決まります。入札価格が高ければクリック単価も高く、逆に入札価格が低ければクリック単価も低くなります。

では、このクリック単価ですが、実際のところどういうキーワードが高いのでしょうか?金融系や不動産系が高いと噂されていますが、果たして本当なのでしょうか?

クリック単価の高いキーワードをみつけるには、いくつかの方法があります。当ブログではそのいくつかの方法のうち、簡単でかつ無料でみつけられる方法をご紹介します。

人気ブログランキング
Googleアドワーズ、実は試用できる

クリック単価の高いキーワードをみつけるには、広告主になる、つまりGoogleアドワーズに登録するのが最も確実です。しかし、Googleアドワーズを使うには、500円の初期費用がかかりますし、サイト上に運営者情報を公開する必要もあります。登録にためらっている方も多いでしょう。

しかし、このGoogleアドワーズですが、実は無料で試用できます。試用でもクリック単価を調べられますので、クリック単価の調査が目的でしたら十分に活用できるでしょう。

Googleアドワーズを試用してみる

では、Googleアドワーズを試用して、どのようにクリック単価を調べればよいのでしょうか?以下に簡単な手順を示しました。

  1. Googleアドワーズにアクセスします。
  2. 「はじめての方はこちら」をクリックします。
  3. 「言語でターゲットを設定」で「日本語」を選択、「地域でターゲットを設定」で「国 - お客様の広告は、選択した国で検索を行うユーザーに表示されます。」を選択し、「続行」ボタンをクリックします。
  4. 「国でターゲットを設定」で「日本」を追加し、「続行」ボタンをクリックします。
  5. 「広告のタイトル」、「広告テキスト1行目」、「広告テキスト2行目」、「表示URL」、「リンク先 URL」を入力し、「続行」ボタンをクリックします。実際は入稿しないので適当に埋めても構いません。
  6. 「キーワード設定」でクリック単価を調べたいキーワードをリストに追加し、「続行」ボタンをクリックします。ここでは例として「不動産」とします。
  7. 「クリック単価 (CPC) の上限を設定します」で「推奨額: ¥***」を選択し「トラフィック見積もりを表示」をクリックします。「不動産」というキーワードでは「推奨額: ¥526」でした。
  8. 一覧に目的の「平均クリック単価」が表示されますので確認しましょう。「不動産」というキーワードでは平均クリック単価は「¥147」でした。
平均クリック単価をよみとる

一点注意ですが、ここで調査した「平均クリック単価」とは、広告主がクリック単価 (CPC) の上限を「推奨額」に設定したときの広告に対してです。

人気のキーワードであっても、広告主によっては「\7」に設定しているところもあります。皆さんのサイトが人気のキーワードでカスタマイズされていたとしても、運悪く「\7」の広告が表示、クリックされれば、皆さんへの還元はそれよりも低くになることに注意してください。

ただし、この方法でもキーワードごとの相対的な比較はできます。たとえば、「不動産」と「金融」というキーワードの場合、

キーワード推奨額平均クリック単価
不動産¥526¥147
金融¥2,758¥571

ここでいえることは、「不動産」よりも「金融」というキーワードのほうがクリック単価が高いことと、「金融」で表示される広告には、クリック単価が¥571付近(皆さんに還元されるのは¥571よりも低くなります)の広告があることです。

他のキーワードもいろいろ試してみれば、どういうキーワードがクリック単価が高いのかを詳しく調べられますので、いろんなキーワードで試してみてください。

そして、クリック単価の高いキーワードにマッチするようにサイトを構成できれば、Googleアドセンスの報酬が期待できるものになるでしょう。

単独よりも複合キーワードのほうが高い

おまけですが、クリック単価は、関連キーワードであれば、複合キーワードのほうが高くなります。たとえば、「花」という単独キーワードよりも「花 販売」のほうがクリック単価が高いです。

広告主としては、「花」というキーワードで広告を出すと、単純に「花」を調べたい人にも広告を表示しますので、広告費が無駄になります。

しかし、「花 販売」であれば、このようなノイズを除外できます。さらに、購買意欲の高い人だけに広告を表示できますので、広告主間ではキーワードの競争率が上がり、その結果、クリック単価も高くなるというわけです。

さらにかんたんな方法は後編で

クリック単価の高いキーワードをみつける方法には、実はもっと楽な方法があります。今回示す予定でしたが、少し長くなりすぎましたので、後編までお待ちください。後編はランキングが50位以内になる頃に書く予定です。

2005年08月06日 15:24
トラックバック
このエントリのトラックバックURL:
http://0kara.org/mt/mt-tb.cgi/693
いつも応援ありがとうございます
人気blogランキング ランキュー
検索
スポンサードリンク
DNOを使った商品紹介
ゼロから始めるブログアフィリエイト成功法!
価格:¥15,800
発送時期:3-4日
在庫:あり
実際にブログで儲けたノウハウが詰まっています。全くの素人が、ブログを使って、たったの30日で成果を出した、超簡単ブログ成功法。■ブログにいったい何を書けばいいのか?■どうやってあなたのブログにアクセス ...
ブログホームページ成功マニュアル
価格:¥68,000
在庫:あり
こんにちは!ホームページリニューアルセンターの飯野です。今回は、アフィリエイターはもちろん、起業家にも必須になってきた、【MovableTypeでブログホームページ自作ノウハウ】のご紹介です。これまで、外注するか上 ...
勝ち組社長のためのブログ集客・応用編
価格:¥8,800
発送時期:1-2日
在庫:あり
Amazyを使った商品紹介
もっと「稼げる」ホームページ最強宣伝術―プロが教えるサイト集客の実践テクニック66
アスキー
深谷 良孝(著)細木 康裕(著)
発売日:2005-05
おすすめ度:4.75
ホームページ集客を利益に変える成功方程式 プロが教えるサイト運営の実践テクニック74
アスキー
細木 康裕(著)里吉 克仁(著)
発売日:2004-07-18
おすすめ度:4.22
SEOを超えたホームページ集客術 ~プロが教えるSEM(検索エンジンマーケティング)の実践テクニック96
Amazy Rank
カテゴリ一覧
過去の記事
アクセスランキング
アクセス解析アクセス解析イメージ
RSS1.0
投稿歓迎 リンク自由
Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!